こんな時やあんな時に便利な仕出し

会議や研修

プライベートな集まりではなく仕事の打ち合わせでも。

企業では二人以上の人数で長時間、取引先と打ち合わせをすることがあります。 5分や10分で済むようなら食事の心配はいりませんが、遠方からやってきた お相手とお昼をまたいで数時間の打ち合わせをする場合なんかですと、ランチの手配 をするのがビジネス上のマナーとなります。 会社の近くでランチをやっている喫茶店で、というのが簡単な対処法ですが、喫茶店 だと席の予約を受け付けていないところも多いですし、確実に待たずにスムーズに 食事をすることができるとは限りません。 少しの不運でお昼が食べられない事態にもなりえますし、それが自分だけのことなら まだいいのですがゲストのランチも抜きにしてしまうと会社の顔に泥を塗ることに なり、午後からの打ち合わせにも悪影響を与えてしまいます。 取引先の人間を招いて打ち合わせをするのなら、必要になる食事はきちんと用意 できなければ恥ずかしい思いをしてしまうのです。 しかしランチの予約ができる飲食店が全ての事務所の近くにあるとは限らず、また 急なことで予約が間に合わないケースもありますから、誰でもいつでも簡単に手配 できるものではありません。 個人的にも親しい間柄のお相手なら、「今日はお弁当を作ってきたから一緒に食べ ましょう。唐揚げ好きだったよね?」とか、まだそこまで親しくなっていないのなら 「別にアンタのために作ったんじゃないけど」とか言いながらお手製のお弁当を ふたりで食べてもよさそうですが、それができる相手は限定されますし普段よりも 早起きをしなければならないのでホスト側も大変です。 少なからずお互いに好意を持っていなければ成立しませんし、初対面でそれをやると 警戒される可能性もなかなか高そうです。 なので手作り弁当は選択肢から外して策を練りますが、コンビニ弁当もいまいちです。 頻繁に行われるようなことならそれでチャチャッと済ましてもオッケーと両者も判断 するでしょう、しかしはるばる新幹線や飛行機に乗ってやってきた、こんなことは 年に数回しかない、という会合ですと、コンビニのお弁当では少し寂しく感じます。 「もしかして自分はそんなに大切に思われていないのかな?」と相手は考える でしょうし、それが今後のお付き合いに響いてくるかもしれません。 会席料理のお店でランチ、なんて贅沢は言いませんがある程度立派な食事を用意 しておもてなしをすることが求められるのです。 そしてそこで有力な候補になるのが仕出し弁当でしょう。 コンビニエンスストアに並んでいるお弁当よりも弁当専門店で調理されている お弁当よりも、倍以上豪華な食事となりますし内容には文句のつけようがありません。 外食することを考えると大幅に時間の節約になりますから、料金が少々お高いことも それで相殺されると思い込むことができます。 大人数になるほど外食だと時間も手間がかかるのですが、仕出しならば人数は関係 なく電話一本で全ての手配は完了、あとは宅配されるのを待つだけです。 企業でのご利用は社外の人間を招いての会議・打ち合わせをするケースで多いとの ことらしいですが、便利なので社員だけでのミーティングでも活用されることは わりかしあるとも聞いたことがあります。 それなりの人数を対象とした研修やセミナーでも、バラバラに食事をしに外食する より会社側がみんなのお弁当を手配して食べてもらったほうが安全そうだ、という ことで仕出しを利用することは多いでしょう。 みんなが弁当を持参する社風の会社なら宅配弁当を使わなくてもいいでしょうが、 そうではなく社員食堂もないのであれば、研修会をするなら会社側がお昼ご飯の 面倒を見てしまったほうがいいこともあるのです。 そこでお寿司やお刺身なんか出されたらみんなのやる気もすごいことになりますし、 この会社に一生ついていこう、と感動してくれそうですね。